夢は全国の風俗巡り

こだわりは向き合わないと分からない

自分の風俗でこだわっている部分は、女の子と向き合ってみないと分からない部分なんです。もっと言えば、裸で無期ってみないと分からない部分なんです。それは乳輪なんです。おっぱいの形とか大きさよりも、乳輪にこだわりがあるんです。余りにも大きいと、こちらのモチベーションが下がっちゃうんですよね。だからあまり意識することなく、楽しめるのが良いかなって思っているんですけど、そのためには何だかんだでやっぱりバストが小さい方が綺麗な乳輪率は高いんですよ(笑)巨乳も嫌いじゃないんですけど、ただ巨乳だと乳輪が大きい率が高いんです。これは風俗云々というよりも、女の子の特性そのものですよね。微乳の方が乳輪も小さい子が多いので、その分裸が綺麗に見えるんです。微乳と言えば感度の良さが特徴だと思うんですけど、感度の良さよりも、むしろ乳輪が綺麗ってことでよく選んでいますね。やっぱり見た目だって大切な部分だと思いますが、こばかりは脱がなきゃわかりません(笑)

運命と言うには大袈裟ですけど嬉しい

運命…と呼ぶには大袈裟ですけど、この前指名した風俗嬢は、実は彼女が前に在籍していたお店でも一度楽しんだことがあるんです。ホームページを見た時に自分はすぐに気付きました。良い印象が残っている風俗嬢だったからこそすぐに気付いたんですけど、彼女もまた、自分のことを覚えてくれていたんですよ。それだけでも嬉しいですよね。だからこそ、運命と呼んで良いんじゃないかなと(笑)それはともかく、とにかく楽しかったのもまた、事実です。何だかんだで、風俗ってとっても楽しいですけど、どんな楽しさが待っているのか分からないのも魅力だと思うんですよね。前回の彼女との時間は、その場だけの楽しさだけじゃなく、それまでの風俗とのつながりと言うか、大げさに言えば歴史を感じさせるものだったからこそ、自分もかなり感情移入して楽しめたんじゃないかなって思っています。まぁさすがにこういったケースはかなりレアなんだろうなとは思いますけど(笑)