夢は全国の風俗巡り

見ても分かるものだなって

見ても分からないというか、風俗って実際に試してみてこそだなって気持ちがあったんですよね。でも最近ではホームページを見て、何となくですけど女の子の特徴も分かるようになってきたんですよ(笑)それだけ自分もマニアの領域に入りつつあるってことですかね(笑)風俗店のホームページを見ると、どんな女の子なのかだけじゃなくてどんなお店なのかとかも見えるようになってきましたよね。姿勢というか、どういったことを考えている業者なのかが分かるようになってきたのもあるので、風俗を楽しむ時にはとりあえずホームページを見る。これが大原則かなって思うようになってきたんですよね。その方がいろいろなことを楽しめるというか、結局は自分の満足度という点ではどうしてもホームページを見てから決めた時の方が良いものになっているっている現実があるんですよね。だからこそ、ホームページを見るのは自分の中では当たり前かなって思っていますけどね。

不発に終わったナンパからの風俗

この前花火大会に行ったのは、別に花火になんか興味はありません。ナンパしようって思ったんです。女の子だけ出来ているような連中は狙い目です。それでいくつか狙ったものの、思うような戦果を挙げることは出来ませんでした。それで結局風俗に駆け込みました(笑)こういった時、風俗の存在はありがたいものですよね。消化不良になるかと思った自分の性欲も、しっかりと発散して帰宅することが出来たんです。ナンパと風俗はそれぞれベクトルが違うので一概には比較出来ないんですけど、確実性という点では風俗は大きいですよね。風俗で相手をしてもらえないってことはそうそうないじゃないですか。むしろちゃんとお店で受付をすませば相手をしてくれるものなんです。だからこそ、ナンパのように不確定要素が大きいものにチャレンジする際、心のどこかで「失敗したら風俗」と思えるのは、ナンパに燃える男としてはありがたいものがありますよね。収穫なしなんて面白くないですし。